試合情報

フォトアルバム

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月27日 (日)

スペイン遠征9

■3月25日・26日

スペイン遠征で3勝1敗1分と奮闘したチームは、日本への帰路に着きました。

素晴らしいスペイン遠征になったのも、関係者の方々を含めFootballを通じて出会えた方々のお陰で、選手18名、スタッフ3名は26日(土)、無事に日本へ帰国しました。

Photo

camera バルセロナ空港にて。

Photo_2

camera関西空港にて。

異国の地スペインで多くのことを学び、多くのことを肌で感じた選手たちは、4月から始まるJFAサンライズリーグ(U-15)関西2011に臨みます。※JFAサンライズリーグ(U-15)は高円宮杯につながる大会です。

「JFAサンライズリーグ(U-15)関西2011」、初戦は4月17日(日)10:00kick off@堺ナショナルトレーニングセンターにて、ガンバ門真ジュニアユースと戦います。

本当にたくさんのご声援ありがとうございました。

京都サンガF.C.U-15 GKコーチ 笹方和樹

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガF.C.にあり、無断転用・転載は禁じます。

2011年3月25日 (金)

スペイン遠征8

■3月24日

スペイン遠征での試合も今回が最後となりました。

今日の対戦相手はSabadellです。

Sabadellには現在、U-22日本代表にも選出されている指宿洋史選手が在籍しています。

今回も的地氏のお力添えにより、そんな指宿選手から直接貴重な体験談や、熱いメッセージを聞かせていただくことができました。世界で活躍する指宿選手の言葉を胸に、スペイン遠征集大成のトレーニングマッチに臨みました。

Photo_3

camera選手に熱く語ってくださった指宿選手。

Photo_4

camera指宿選手と一緒に記念撮影。

また2日間のトレーニングをして頂いたジョアン氏も最後のトレーニングマッチを観に来てくださいました。

19:30kickoffで、今回も試合前には、京都サンガF.C.U-15、Sabadellの両選手で東北地方太平洋沖地震の犠牲者を悼み、黙祷をささげました。

Photo_2

camera試合の模様。

≪トレーニングマッチ結果≫

対戦相手:Sabadell

結果:2-1(前半1-1/後半1-0)

得点者:岩元、平山

今回対戦したSabadellはパワフルな選手が多く、また日本の学年でいえば一つ上の学年のチームでした。サンガの選手たちは連日のハードスケジュールで疲れが残っている中でも、しっかりと最後までプレーし、戦いぬきました。

試合後にはジョアン氏より、トレーニングのこと、FCバルセロナ戦のこと、そして今日の試合のことも含め、選手たちへ熱い激励のメッセージを送ってくださいました。

Photo

cameraジョアン氏から最後に熱いメッセージを送っていただきました。

今回のスペイン遠征の結果は、

【20日】vs.カナダ選抜 -3

【21日】vs.GIMNASTIC TARRAGONA -4

【22日】vs.ESPANYOL -1

【23日】vs.FCバルセロナ -3

【24日】vs.Sabadell -1

以上の結果、3勝1分1敗でした。

明日は7時30分にホテルを出発し、10時10分発の飛行機でバルセロナ空港からアムステルダム空港を経由し、日本に帰国します。

京都サンガF.C.U-15 GKコーチ 笹方和樹

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガF.C.にあり、無断転用・転載は禁じます。

2011年3月24日 (木)

【U-12 SPコース】城陽会場新4年生セレクション開催のお知らせ

本日(3月24日)の【U-12 SPコース】城陽会場のセレクションは、予定通り開催いたします。

受付時間:16時30分~開始

※案内ハガキを忘れずにお持ちください。

■京都サンガF.C.アカデミーセンター

2010年度U-18卒団式

3月10日(木)選手寮「RYOUMA」にて、2010年度京都サンガF.C.U-18の卒団式が行われました。スカラーアスリートプロジェクト5期生として活躍してきた、高校3年生たちが卒団の時を迎えました。

まずはじめに、株式会社京都パープルサンガ代表取締役社長・今井浩志より、卒団する選手へお祝いの言葉が送られるとともに、このスカラーアスリートプロジェクトに多大なるご協力をいただいております、立命館宇治高等学校様、京セラ株式会社様に感謝を申し上げました。

Photo_10

≪株式会社京都パープルサンガ代表取締役社長・今井浩志≫

また、卒団生の門出を祝いご出席賜りました、立命館宇治高等学校副校長・谷口充子様、京セラ株式会社執行役員・古橋道明様にお祝いのお言葉を頂戴いたしました。

Photo_8

≪立命館宇治高等学校副校長・谷口充子様≫

Photo_9

≪京セラ株式会社執行役員・古橋道明様≫

その後、卒団する10名の選手がそれぞれの想いを、来賓の皆さま、サンガのスタッフ、そして後輩たちに一言ずつ述べました。卒団生を代表して、トップチームに昇格する下畠翔吾選手のメッセージをご紹介します。

■下畠翔吾選手

「高校3年間、寮では栄養管理がいき届いた食事をすることができ、学校は立命館宇治高校で素晴らしい指導を受けることができ、練習は専用の人工芝グラウンドでできる、そんな恵まれた環境でサッカーに取り組むことができました。トップチームで活躍することで僕はこの恩をクラブに返していきたいと思っています。(後輩たちへ)今の環境が当たり前だと思わずに、日々努力して頑張って欲しいと思います。」※一部抜粋にて掲載。

Photo_11

≪下畠翔吾選手≫

2010年度の京都サンガF.C.U-18の幕開けは、春のプリンスリーグでは全国大会への出場権を獲得できず、また夏のクラブユースでは決勝トーナメント進出を果たせない、悔しい結果でした。しかし、その悔しさをバネに臨んだ、8月のスペイン遠征では参加した大会でFCバルセロナを抑え見事優勝を果たしました。そのスペインでの「経験」は、選手たちの「自信」につながり、高校生活最後の大会、Jユースカップでは4位入賞。ピッチで戦った選手も、スタンドで戦った選手も、とても思い出深い大会になったに違いありません。

これからのみなさんの人生が更に輝かしいものになることを、サンガのスタッフ全員で祈り、そして願っています。またここからが新たなスタートラインです。3年生のみなさん、本当に卒団おめでとう!!

Photo_13

≪記念撮影≫

GK村下達郎選手、DF梅田考也選手、DF下畠翔吾選手、DF嶺井政輝選手、DF植田龍選手、MF山下嗣紋選手、MF西岡僚太選手、MF駒井善成選手、MF伊藤優汰選手、MF山田俊毅選手(2010年度卒団生10名)

高本詞史アカデミーセンター長、本田将也監督、平井直人GKコーチ、野口裕司スカウト、前田浩寮長

■アカデミーセンター

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガF.C.にあり、無断転用・転載は禁じます。

スペイン遠征7

■3月23日

今日も午前中は宿舎の近くにある、人工芝グラウンドでトレーニングを行いました。

昨日に引き続き、FCバルセロナの育成組織の監督を務めた、ジョアン氏にトレーニングをしていただきました。

まずは、昨日に行われたESPANYOL U-15との試合についてのミーティングから始まりました。ジョアン氏からは、非常にいい内容であったと評価して頂き、午前に行った守備のトレーニングがよく活かされていたと述べてくださいました。また、ゲーム中の課題について、各選手にとても細かくよかった点、これから改善するべき点を論理的に説明してくださいました。

その後、今日のトレーニングテーマ「攻撃の仕方・数的優位をつくり出すこと」についてミーティング内で説明し、選手の理解を深めてから、選手自身が納得する状況でトレーニングに入っていきました。

2

camera2日間指導してくださた、ジョアン氏と記念撮影。

またこの夜は、19:00kickoffでトレーニングマッチを行いました。

対戦相手はFCバルセロナです。

今回最大の目的ともいえる、ヨーロッパの名門クラブで世界No.1の実力を持つTOPチーム・FCバルセロナの育成組織との対戦となりました。

このFCバルセロナの育成組織からは、現在TOPチームで活躍している、アルゼンチン代表・メッシを始め、2010年ワールドカップ優勝国、スペイン代表にも選ばれている、イニエスタ、シャビ、プジョルなどといった、世界的スターを多く輩出しています。

今回も試合前には、京都サンガF.C.U-15、FCバルセロナの両選手で東北地方太平洋沖地震の犠牲者を悼み、黙祷をささげました。

Photo_2

camera黙祷の模様。

Photo_3

≪トレーニングマッチ結果≫

対戦相手:FCバルセロナ

結果:3-3(前半0-1/後半3-2)

得点者:奥川、岩元2

Photo_4

cameraFCバルセロナの選手と一緒に記念撮影。

育成組織のサッカーも、まるでTOPチームのフットボールをそのまま具現化したようなサッカーでした。ボールポゼッションにこだわり、判断が早く、スピードもあり、スキルレベルの高い、本当に素晴らしいチームでした。

今回のFCバルセロナとの試合では選手は多くのことを感じ、学んでくれたと思います。

スペイン遠征最終日は、明日Sabadellと対戦します。

京都サンガF.C.U-15 GKコーチ 笹方和樹

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガF.C.にあり、無断転用・転載は禁じます。

3月26日チャリティーマッチ開催のお知らせ

Photo

このたび京都サンガF.C.とセレッソ大阪では、3月26日(土)、西京極スタジアムにおきまして、東北地方太平洋沖地震で被災された方々への復興支援活動として、「東北地方太平洋沖地震復興支援2011Jリーグチャリティーマッチ」を下記にて開催することが決定いたしましたのでお知らせいたします。
少しでも多くの義援金を募り、被災地へ届ける事を目的に、本試合は有料での試合開催とし、収益は義援金としてJリーグを通じ被災地へ寄贈させていただきます。 
また、当日、両チーム選手会および両クラブによるチャリティーオークションを実施、募金箱の設置、さらに、当日販売いたしますグッズおよび飲食販売での収益の一部を併せて、義援金として寄贈させていただきます。
ひとりでも多くの方の観戦が復興支援のための義援金となり手助けとなりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

「東北地方太平洋沖地震復興支援2011Jリーグチャリティーマッチ」開催概要

■大会名
「東北地方太平洋沖地震復興支援2011Jリーグチャリティーマッチ」

■主催
財団法人日本サッカー協会/社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)  

■主管
株式会社京都パープルサンガ/社団法人京都府サッカー協会

■協力
京都府/京都市/宇治市/城陽市/長岡京市/向日市/京田辺市
社団法人京都府サッカー協会/大阪サッカークラブ株式会社(セレッソ大阪)/スカパーJSAT株式会社

■開催日
2011年3月26日(土)

■キックオフ
14:00(開場12:00)

■会場
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

■対戦
京都サンガF.C. vs. セレッソ大阪

■TV放送
スカパー!HD、スカパー!e2、スカパー!光にて無料放送

■価格表
(スタンド/券種/ゲート/価格※前売・当日共通)
◎メインスタンド/SS指定席/1ゲート/[大人]3,000円 [小中高]1,500円
◎メインスタンド/SM自由席/1ゲート/[大人]2,000円 [小中高]1,000円
◎バックスタンド/SB自由席/4ゲート/[大人]2,000円 [小中高]1,000円
◎北・南スタンド/ホーム自由席/3・4ゲート/[大人]1,000円 [小中高]500円
◎南スタンド一部/ビジター自由席/2ゲート/[大人]1,000円 [小中高]500円
◎メインスタンド/車椅子券・車椅子介添券/車椅子ゲート/[大人]1,000円

■注意事項
※前売販売、当日販売も上記一律の価格となります。ファンクラブ価格もございませんので、予めご了承下さい。
※スペシャルシート、エキサイティングシートの販売はございません。
※先行入場はございません。開場は12:00からになります。
※再入場は可能となっております。
※シーズンパス、シーズンシート、ファンクラブ招待券、優待券のご利用はできませんので、予めご了承下さい。
※前売りチケットの購入は、「ローソン Loppi」 のみの販売となりますのでご注意下さい。
※前売りチケット販売開始日:3月20日(日)10時より (Lコード:53204)
※スカパー!にて無料で生中継いたします。放映権料は全額義援金として寄付いたします。

■当日券販売
●時間:3月26日(土)11:00~
●場所:西京極スタジアム場外サンガフレンズスクエア内
試合当日のチケット販売所は大変混み合うことが予想されます。お近くの「ローソン Loppi」にて事前にチケットをご購入いただきます様、何卒ご協力のほど、宜しくお願いいたします。


≪当日の実施事項≫

①両チーム選手会、両クラブによるチャリティーオークション
京都サンガF.C.とセレッソ大阪の選手会および両クラブ出品によるチャリティーオークションを実施いたします。
落札されました金額は、義援金としてJリーグを通じて被災地へ寄贈させていただきます。
●時間 : 11:00~試合開始まで
●場所 : 西京極スタジアム場外サンガフレンズスクエア内
●出品 : 
[選手会]
京都サンガF.C.とセレッソ大阪の選手によるスパイクや愛用品等の出品
[クラブ]
京都サンガF.C.とセレッソ大阪からの提供品
(サンガ:’07-’10スタッフ使用トレーニングウェアなど)

②両チーム選手参加による募金活動
京都サンガF.C.、セレッソ大阪のトップチーム選手、京都サンガF.C.アカデミーセンター選手による募金活動を実施いたします。集められました募金は、義援金としてJリーグを通じて被災地へ寄贈させていただきます。
●時間 : 12:00~14:00 ※予定
●場所 : 西京極スタジアム場外サンガフレンズスクエア内

③募金箱の設置
当日オープンされる各入場ゲートへの募金箱の設置を行います。集められました募金は、義援金としてJリーグを通じて被災地へ寄贈させていただきます。
●時間 : 12:00~試合終了後まで
●場所 : 各入場ゲート

④グッズ・飲食販売
スタジアム場外サンガフレンズスクエア内のみでのグッズおよび飲食販売を実施いたします。
収益の一部は、義援金としてJリーグを通じて被災地へ寄贈させていただきます。
●時間 : 11:00~試合開始まで(一部試合終了後も実施)
●場所 : 西京極スタジアム場外サンガフレンズスクエア内

【その他】
※当日、選手・監督・チームスタッフは、喪章をつけ試合を行います。また、試合開始前には、被災地でお亡くなりになられた方へのご冥福を祈り、黙祷を捧げます。
※スタジアム場内電光表示、音響など、大きな電力を必要とする設備については、節電への呼び掛けの意を込めて、最小限の使用での実施とさせていただきます。皆様のご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。
※エスコートキッズ、ウェルカムハイタッチ等のイベント、場外での遊具設備等は実施いたしません。

2011年3月23日 (水)

【U-12 SPコース】下鳥羽会場新4年生セレクション開催のお知らせ

本日(3月23日)の【U-12 SPコース】下鳥羽会場のセレクションは、予定通り開催いたします。

受付時間:16時30分~開始

※案内ハガキを忘れずにお持ちください。

■京都サンガF.C.アカデミーセンター

スペイン遠征6

■3月22日

スペイン遠征4日目の夜、20:00kickoffでトレーニングマッチを行いました。

対戦相手は、ESPANYOL U-15です。

バルセロナ市にあり、かつて中村俊輔も所属したプロクラブ・ESPANYOLの育成組織(U-15チーム)との対戦となりました。

ESPANYOL U-15は、育成組織年代ではFCバルセロナと毎年リーグ戦の優勝争いを繰り広げる強豪チームです。

今回も試合前には、京都サンガF.C.U-15、ESPANYOL U-15の両選手で東北地方太平洋沖地震の犠牲者を悼み、黙祷をささげました。

≪トレーニングマッチ結果≫

対戦相手:ESPANYOL U-15

結果:3-1(前半3-0/後半0-1)

得点者:永島、岩元、林

見事勝利を飾りましたが、ESPANYOL U-15は体が大きく、フィジカル・パワーが強く、また個々のスキルが高い素晴らしいチームで、この試合は選手にとって非常に価値のある試合となりました。

Vs

Photo

※ナイター開催の為、写真写りも暗くなってしまいました。悪しからずご了承ください。

明日はFCバルセロナと対戦します!!

京都サンガF.C.U-15 GKコーチ 笹方和樹

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガF.C.にあり、無断転用・転載は禁じます。

スペイン遠征5

■3月22日

22日も午前は、宿舎の近くにある人工芝グラウンドでトレーニングを行いました。

このトレーニングには、的地氏のアテンドによりFCバルセロナの育成組織の監督を務めた経歴を持つ、ジョアン氏に指導をしていただきました。ジョアン氏は、現在FCバルセロナで活躍しているボージャンや現メキシコ代表のドス・サントスを指導してこられました。

今回のトレーニングでジョアン氏が重点をおきコーチングしていたのは、「数的不利の守備」でした。

ジョアン氏の細やかなコーチングは選手の理解を早め、1つ1つのプレーがとても重要であることを選手自身に感じ取らせてくださいました。

Dsc02281

camera写真中央、作戦板を使いミーティングを行う、ジョアン氏。

Dsc02276

cameraトレーニングの模様①

Dsc02285

cameraトレーニングの模様②

京都サンガF.C.U-15 GKコーチ 笹方和樹

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガF.C.にあり、無断転用・転載は禁じます。

2011年3月22日 (火)

スペイン遠征4

■3月21日

スペイン遠征3日目の夜、トレーニングマッチを行いました。

対戦相手は、GIMNASTIC TARRAGONA です。

バルセロナから1時間のTarragona市にあるプロクラブで、TOPチームはスペイン2部リーグに所属しています。

育成組織のU-15チームは州リーグ1部≪グループ1≫所属で、現在リーグ戦3位の成績のチームです。

今回も試合前には、「君が代」がピッチ内に流れる中、京都サンガF.C.U-15、TARRAGONAの両選手で黙祷を行いました。

Dsc02254

Dsc02255

≪トレーニングマッチ結果≫

対戦相手:TARRAGONA

結果:6-4(前半2-2/後半4-2)

得点者:岩元3、奥川3

Dsc02260

Dsc02263

明日はESPANYOLと対戦します。

京都サンガF.C.U-15 GKコーチ 笹方和樹

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガF.C.にあり、無断転用・転載は禁じます。