試合情報

フォトアルバム

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月24日 (木)

【U-15】海外遠征vol.5

遠征5日目。

散歩なしの朝食からスタート。

10:00からダニエル・ポヤトス氏のクリニックでした。

ダニエル氏は以前エスパニョールのU-15監督やU-18監督を務められた方で、現在はカタルーニャ州U-18監督です。

前日の試合も観戦しに来てくださり、試合を見ての改善点をテーマにクリニックしていただきました。テーマは主にビルドアップの改善でした。ボールの受け方や、ポジション取り、食いつかせてからのパスなどとても熱心に指導して頂きました。

選手達もそれに応えようととても集中しながら、指導を受けていました。

Img_0464

Img_0521

Img_0520 午後はバルセロナ市内中心地に行き、観光とショッピングをしてきました。

Img_0490 6日目はオビエド市に移動して、とうとうオビエドカップの初戦です。

初戦の相手はUnionistasCFです。

■育成部 U-15スタッフ

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

2016年3月23日 (水)

U-18海外遠征 inアメリカダラス_vol.4

<ダラスカップ・グループステージ第2戦>vs.EVERTON FOOTBALL CLUB

【試合結果】1-2(前半0-1/後半1-1)

【得点者】田中(PK)

グループステージ第2戦も初戦と同じ会場で、初戦同様厳しい試合環境の中Kickoff。

サンガのスタメンは、

[GK]16.Wakahara

[DF]2.Kishimoto/3.Asada/4.Watanabe→FW12.Matano/14.Endo

[MF]5.Hineno/6.Higa/10.Tanaka

[FW]8.Shimamura→MF13.Hashimoto/9.Mitajiri→FW18.Kikukawa/11.Akama

サンガは4-3-3、EVERTONはFWにテクニック、スピードのある10番、両サイドにスピードのある選手を置く4-4-2という布陣。

立ち上がり相手のペナルティエリアの角付近を赤間が上手く取り、そこからの仕掛けで立て続けに決定的なシーンを作るも決めきれず。その後も、相手のDF背後に出たボールに対する対応の悪さをついて攻撃を仕掛けていくも無得点。相手は昨日と同様で球際は激しかったものの、それほど支配されることもなく、ピンチもDF背後へのロングボールからの1本ぐらいでした。前半10分、相手10番が右サイドのBox内で仕掛けてきたのを引っ掛けてPKを与えてしまい、失点。その後もチャンスを作るも、無得点で前半終了。

後半は渡邉に代えて俣野を投入し、岸本・麻田のCB、右SBに遠藤、左に田中という形でスタート。風下だったため、蹴ってもマイボールの確率が低いので出来るだけ後ろからボールを動かしたかったが、なかなか前に進めない展開。後半16分、1失点目と全く同じ位置で田中が仕掛けて相手に引っ掛けられPKから同点に追いつく。同点に追いつき少しずつボールが繋がるようになってきた時に、中盤でボールを失いカウンターから2失点目。反撃及ばず試合終了となりました。

初戦同様、試合内容では全く負けていないですが、決定力の差で負けたように感じます。これでグループリーグ敗退は決まってしまいましたが、まだ残り1試合あります。ダラスカップで勝ち点をゲットするために次の試合も全力で戦います!

1_2

3_2

6

■育成部 U-18スタッフ

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

U-18海外遠征 inアメリカダラス_vol.3

<ダラスカップ初戦>vs.REAL SOLT LAKE

【試合結果】1-2(前半1-2/後半0-0) 

【得点者】田中

深い芝のピッチ、強風、アップ場無しなど日本ではあまり味わえない中での試合環境でした。

サンガのスタメンは、

[GK]1.Tochika

[DF]2.Kishimoto/3.Asada/4.Watanabe/14.Endo

[MF]5.Hineno/8.Shimamura/10.Tanaka

[FW]9.Mitajiri→MF6.Higa/11.Akama/7.Zaizen→FW12.Matano

1

サンガは4-3-3、相手は2トップにスピードと力強さのある2人を置いた4-1-3-2という布陣。
前半風上で試合開始。

立ち上がり風下に立った相手の裏1本のボールからピンチになるがしっかりと対応して事なきを終え、その後前線からのプレスや積極的な攻守の切り替えから決定的なチャンスを何度も作るも得点は奪えず。

いつ点が取れるかという期待の中、明らかなオフサイドの選手にロングボールが渡りそこから失点。さらにまた高く上がった裏1本のボールの処理を誤り失点。前半終了間際に遠藤からのクロスの折り返しを田中が決め前半を1-2で折り返す。

後半は相手も勝ってるからかロングボール主体の淡白な攻撃になり、なかなかこちらのプレスがかけにくい状況が続く。それでも後半20分過ぎから、徐々にマイボールの時間が増え試合のペースを掴み、何度もチャンスを作るも決定的な場面で点が取れずそのまま試合終了。

決定機は圧倒的にうちが多く作るも決めきれず、逆に相手はシュート3.4本で2点と決定力の差がでました。でも、選手達は最後の笛が鳴るまで誰1人諦めず、直向きにチャンスを作り続けることができました。リーグ戦突破のために、明日のEVERTON戦では決定力が上がるまで何度もチャンスを作り続けます!

2

3

■育成部 U-18スタッフ

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

2016年3月22日 (火)

U-18海外遠征 inアメリカダラス_vol.2

<滞在2日目>

選手達は各ホストファミリー宅からホテルに送ってもらい集合。初めてのホームステイに多少疲れがでてるのかと思いきや・・・意外とみんな元気!

話を聞くと各家庭様々で、パーティーに行ったり、ショッピングセンターに行ったり、サッカー観戦したり、ゲームしたりと初日にして、みんないい経験をしてました!

Image1

Image2

23

午前中は初戦のREAL SALT LAKE戦の会場となる、リッチランドカレッジのグランドの下見に!アメリカらしくとんでもなく広大な土地に10面以上のサッカーグランドがありました!

24

26

グランドで遊んでたサッカー少年達とこんな交流も。

27

ランチはまたまたとんでもなく大きいショッピングモールにあるイタリアンレストランへ。

28
目の前で自分の好きなトッピングの具材を入れてオリジナルのパスタを作ってくれる、これまた日本にはなかなかないスタイルのお店。店員さんに英語で聞かれても堂々と受け答えしていました。

29

ランチの後、15:00からトレーニングスタート試合前日のこの日はポゼッション、ハーフコートより少し小さいサイズでのゲームを行い、短い時間でいい集中力と緊張感の中トレーニングすることができました!

明日はいよいよダラスカップ初戦!

210_2

■育成部 U-18スタッフ

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

【U-15】海外遠征vol.4

遠征4日目。

天気も良く朝は散歩からのスタート。

練習試合は18:00キックオフの為、昼食を海辺のレストランに食べに行きました。昼食まで少し時間があったのでビーチで自由時間にしました。急遽ビーチで相撲対決が行われました。

Img_0427

Img_0432 昼食はスペイン名物のパエリア。本場の味にみんな大満足の様子でした。

Img_0441

Img_0445 18:00キックオフでMontanesaという街クラブとの練習試合に挑みました。

トップチームは4部に所属していますが、4部とは思えないスタンド付きのグランドは素晴らしかったです。スペインならではの環境で選手たちは試合することができました。

Img_0449 Img_0451

試合はU-16とU-15の混合チームとの対戦で最初、海外特融の球際の強さや普段とは違い足が伸びてくる感覚に慣れなかったですが、試合が進むにつれて慣れていきサンガがチャンスを作るもなかなか決めることができませんでした。すると自分たちのミスから2失点してしまい、前半を0-2で終えました。

後半開始早々に直接FKを決め、1点差に迫るも失点し1-3に。

そこから1点返すも2-3で試合終了。

Img_0457

Img_0460 5日目はダニエル・ポヤトス氏のクリニックです。

■育成部 U-15スタッフ

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

2016年3月21日 (月)

【U-15】海外遠征vol.3

遠征3日目。

朝はあいにくの雨の為、散歩はなしで朝食からのスタート。

リーガ・エスパニョーラのビジャレアルvsFCバルセロナを観戦するために、バスで5時間かけて移動。途中サービスエリアで昼食を食べ、いざビジャレアルのホームスタジアム「エル・マドリガル」へ。

Img_0408

Img_0378 2日目で行った欧州最大99,354人の収容人数を誇り、圧倒的な存在感のあるFCバルセロナのカンプ・ノウとは違い、ビジャレアルのエル・マドリガルは収容人数こそ24,890人と少ないですがスタジアムの雰囲気、そしてサポーターが作り出す空気感は最高でした。ピッチとの距離もとても近く、世界最高峰の選手達が目の前に来ると大興奮しっぱなしでした。

Img_0406 試合はバルセロナが2点先取するも、後半に同点に追いつかれ最後の最後まで目が離せない白熱したゲーム展開でした。

選手たちはこの雰囲気を肌で感じ、目の前で繰り出される素晴らしいプレーを目に焼き付けてくれたと思います。この経験を明日からのプレーに生かしてほしいと思います。

4日目は街クラブのMontanesaとの練習試合です。

■育成部 U-15スタッフ

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

2016年3月20日 (日)

【U-15】「高円宮杯U-15サッカーリーグ2016関西 サンライズリーグ 第1節」試合結果のお知らせ

15

3月20日(日)に行われました、「高円宮杯U-15サッカーリーグ2016関西 サンライズリーグ 第1節」の試合結果をお知らせいたします。

■日時:
2016年3月20日(日)12:15kickoff

■場所:
J-GREEN堺(S10)

■形式:
40分×2(前後半)

■対戦相手:
RIP ACE SOCCER CLUB

■結果:
0-2(前半0-1/後半0-1)

■得点者(経過):
38分 失点
43分 失点

■メンバー:
[GK]小林
[DF]上野(→米田)、古谷、山本、北村(→山中)
[MF]川島、西川、小川、阪上、日野
[FW]前川(→松本)

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

【U-15】海外遠征vol.2

遠征2日目は朝食前の散歩からスタート。

午前中はFCバルセロナU-16チームの試合観戦。

自分たちより1つ上の年代の試合でしたが、レベルの高い試合を実際に見れたことは選手にとってすごく刺激になったと思います。

移動してから昼食をとり、世界遺産のサクラダファミリアに行きました。

Img_0240

その後はFCバルセロナのホームスタジアムである「カンプ・ノウ」のスタジアムツアーに行きました。スタジアムに到着すると選手達は大興奮。大きさと存在感に圧倒されていました。

Img_0303_2

Img_03473日目は今回の遠征の目的の1つでもある、ビジャレアルvsFCバルセロナのリーガエスパニニョーラの試合観戦です。

■育成部 U-15スタッフ

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

U-18海外遠征 inアメリカダラス_vol.1

日本時間3月18日(木)AM5:30サンガタウンを出発し、ついにアメリカ遠征スタート!

出発時には、遠征前に負傷してしまい急遽遠征に行けなくなった、大西選手と寮監の前田さんが見送りに来てくれました。

大西選手からは「俺の分も楽しんできてくれ」と熱い気持ちがみんなに伝えられました。

1

伊丹空港から成田を経由していざダラスへ

2

約12時間のフライトを終えて現地時間3月18日(木)AM8:00にダラス到着。到着後はスケジュールが二転三転しましたが、なんとかホテルに着いてトレーニングスタート!

トレーニングは水口トレーナーのムーブメントプレップから始まり、パス&コントロール、ボール回しなど軽めのメニュー。日本時間で言うと夜中の1時にトレーニングするようなもので、少し頭の回転は遅い感じもありましたが選手達は思った以上に元気で、意欲的に取り組んでいました。

4

ランチはザ・アメリカンなピザ食べ放題!

6

7

ランチ後はホテルに戻りフリータイム・・・と思いきや、時差ボケの影響から選手たちは熟睡・・・

夕方ホームステイ先のファミリーが次々に迎えにきて緊張の初対面!

8

これから11日間、それぞれのファミリーでどんな生活をしていくのかでしょうか?選手からの報告が楽しみです。

■育成部 U-18スタッフ

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。

2016年3月19日 (土)

【U-15】サンライズリーグ 明日3/20(日)開幕!

明日3月20日(日)から、サンライズリーグが開幕します!

10

昨シーズン無敗での初優勝を果たしたサンガU-15。大会連覇へ!熱いご声援をよろしくお願いします。

◇サンライズリーグ 開幕戦◇

3月20日(日)12:15kickoff vs.RIP ACE SOCCER CLUB@J-GREEN堺

※このブログに掲載している写真の著作権は全て京都サンガにあり、無断転用・転載は禁じます。